電子機器 機械部品事業部

  トップページ >>電子機器 機械部品事業部

矢印 砂型鋳造(有機自硬性)

有機自硬性鋳型法:フラン系樹脂使用 けい砂に有機(フラン)樹脂と硬化材を添加混合し、造型後室温放置により、硬化する。突き固めをする必要が無く,しかも鋳型強度が高い為,大型製品に適しています。

矢印

矢印 砂型鋳造(生砂手込造型・自動造型)

生砂型法(手込造型法・自動造型法):鋳造法の中では、もっとも古くから行われている方法で、けい砂にベントナイト等の粘土を加えて突き固めた鋳型にアルミ溶湯を流し込み、冷却後に砂型を壊して製品を取り出します。当社は大きさ・生産量により手込法・自動造型法いずれかをご提案しております。

矢印

矢印 金型鋳造(重力 低圧鋳造)

重力金型鋳造法(GDC):鋳鉄や耐熱合金鋼で作られた鋳鉄型で成型する方法で、アルミ溶湯の重量を用いて鋳  造します。砂型鋳造と比較すると鋳造時の冷却速度が速く、鋳物の表面が美しく寸法精度の良い緻密な鋳造物が出来る特徴を持っております。又、金型は砂型と比較して費用は高価ですが、繰り返しの使用が可能のために量産に適した鋳造法といえます。

矢印

矢印 低圧力鋳造法(LPDC)

低圧力鋳造法(LPDC):金型鋳造の一種で炉内の溶湯面に低い圧力を加えてアルミ溶湯を押し上げ金型内に注力し、圧力を加えたまま凝固させる方法です。材料に無駄が無く均一で高品質の鋳物が製作できることが特徴です。比較的大型の肉厚鋳物の製造に適した製法です。

矢印

 

九州エフテック工業へのお問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2011 Kyusyu F-tec Industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.